1995年発売のSRPG「タクティクスオウガ」のリメイク作品となるPSPソフト、「タクティクスオウガ 運命の輪」がスクウェア・エニックスより2010年11月11日に発売予定。前作の「再構築」というスタンスで、多くの新システムが追加になる。
メインのスタッフはほぼ前作と同様で、ディレクターは皆川裕史氏、ゲームデザインは松野泰己氏、音楽は崎元仁・岩田匡治両氏が担当する。吉田明彦氏はメインビジュアル制作とグラフィック面の監修にあたり、キャラクターイラストは「光の4戦士」などを担当した政尾翼氏が制作。22日にオープンした公式サイトでは、シリーズのテーマ「Overture」が流れる。
国内版のほか、北米版と欧州版も発売の予定。北米・欧州版サイトでは国内版サイトと異なったBGMも聞ける。
公式サイト / 欧州版 / 北米版
ファミ通 / FF-Reunion
崎元さんが音楽を担当した「ロード オブ ヴァーミリオンII オリジナル・サウンドトラック」(SQEX-10195)がスクウェア・エニックスより7月27日に発売の予定。公式サイトでは試聴も可。
7月10日に開催される全国大会「OVER the LORD」で先行販売される。
Amazon
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。