11月22日に立川市のアミューたちかわで行われた、管弦楽団:星の調べによる演奏会「交響曲FFT」で、崎元さんと岩田さんがゲスト出演。
プログラムの第1〜第4楽章が一通り終了した締めくくりに登場し、場内を沸かせた。
レポート記事:
崎元 仁氏と岩田匡治氏がサプライズゲストで出演した、アマチュア楽団「星の調べ」による「ファイナルファンタジー タクティクス」演奏会レポート(4Gamer.net)
【管弦楽団:星の調べ】第2回演奏会レポート 詳細版 ≪交響曲FFT≫(Nonsense Zone)
 
行ってきました。大体のところはレポート記事のとおり。
開場前の長蛇の列には本当に驚いたのですが、それがほぼピッタリ会場に収まったというではありませんか。不思議なくらいに見事です。


少々不安定な部分が無いわけではありませんでしたが、総じて大変素晴らしい演奏でした。
特に終盤のラスボス曲やエンディング、アンコールのチュートリアルは、圧倒されるような出来栄え。チュートリアルは観客の手拍子あり、パートごとの楽しい演出ありで、大変に盛り上がりました。


レポート記事にもあるインタビューはプログラム終了後(アンコールの前)にあったのですが、サプライズということで、両氏の名前が読み上げられた瞬間に開場が「どよっ」と沸いたのが印象的でした。
インタビュー中も、ところどころで会場から笑いの「どっ」が。
具体的には、
『クレイジーなものを』
『おかしいとしか』
『こんなの弾けるか!』
『半径1.5mくらい』
『1秒でも長くやってバグを』

のあたり。
観客の笑い声を想像しながら読んでみてください。
2009.11.24/ TrackBack(0)イベント情報

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。