1996年発売の「蒼穹紅蓮隊 オリジナル・サウンドトラック」が、2011年2月28日にベイシスケイプレコーズより再販される予定。→Amazon
オリジナル版に加え、ベイシスケイプの作家によるアレンジバージョンや2007年の「Extra」で演奏されたリミックスバージョンも収録される。
皆様あけましておめでとうございます。
昨年末は禿げそうなほど忙しくしておりましたため、一時的に更新をお休みしておりました。お詫び申し上げます。
手遅れ感満点ではありますが、年末分のTopicsをここに列記致します。


・「戦場のヴァルキュリア3 オリジナル・サウンドトラック」が2月23日に発売の予定(ゲーム本編は1月27日発売)。→Amazon
また、同作品は「戦場のヴァルキュリア3 誰がための銃瘡」と題され、2011年春にOVA化される。音楽も引き続き崎元さんが担当する。→戦場のヴァルキュリア アニメ公式サイト ニュース


・12月22日に発売した「オプーナ サウンドトラック」に関する崎元さん・金子さんへのインタビューが、ガジェット通信にて掲載中。→こちら


・OBS(おにたま放送局)主催のUSTREAMによるインターネット生放送、「FM音源ドライバーズサミット」(12月18日20:00〜)に崎元さんが出演した。
ウェブサイトではアーカイブ化された第1集、第2集の動画を観る事ができる。次回の放送(第3集〜)は2011年01月29日、同じくOBSLiveにて公開の予定。


・崎元さんの英語版公式サイトがリニューアル。→sakimoto.jp


・スクウェア・エニックスで12月9日まで開催されていた「タクティクス・オウガ 運命の輪」サウンドトラックの楽曲人気投票の結果が公開中。→こちら
投票終了後にメール配信された両氏のコメントはこちらから。


・毎週木曜日放送のニコニコ生放送の番組「電波研究社〜アニメ・ゲーム・アニソン〜」11月11日の回に「タクティクスオウガ〜運命の輪」の紹介があり、番組終盤にオリジナル版作曲の両氏が生出演した。出演は短時間だったが、楽曲紹介などがあったとのこと。
2011.01.01/ TrackBack(0)記事掲載
SQUARE ENIX MUSICの投票企画「沁み音」にて、「タクティクスオウガ 運命の輪」サントラの楽曲への人気投票を受付中。
投票者には、投票期間終了後に崎元さん・岩田さんからのメッセージメールが届くとのこと。期間は12月9日まで。投票にはSQUARE ENIXメンバーズへの登録が必要となる。
2010.11.26/ TrackBack(0)その他
海外のゲーム音楽情報サイトOriginal Sound Versionにて、「タクティクスオウガ 運命の輪」のサントラの仕様紹介動画が公開中。一足先にサントラのトラックリストなども公開されている。
今回の楽曲中で多く見られる原曲からのアレンジは、両氏だけではなくベイシスケイプの複数の作家が広く担当している模様。
OSV記事:OSVchannel: Tactics Ogre Let Us Cling Together Looks Quite Lovely!
2010.11.05/ TrackBack(0)記事掲載
発売中の週刊ファミ通(2010年11月18日号)の「タクティクスオウガ 運命の輪」特集内に、岩田・崎元両氏へのインタビューが掲載されている。カラーで2ページ。
オリジナル版のメロディーの後でアレンジ版が流れる形に編曲されていることや、ランスロットのオルゴールの曲が書き直されていること、また、サウンドテストモードについても多く言及されている(今回のモードの有無については不明)。
2010.11.05/ TrackBack(0)記事掲載
「タクティクスオウガ 運命の輪」公式サイトが10月29日更新。サイト内のBGMとして「Air Land」が初めて聴けるようになった。
従来のメロディーに加えて、後半部分が大幅に付加されている。
2010.10.29/ TrackBack(0)記事掲載
2007年発売のWiiソフト「オプーナ」の楽曲を収録した「オプーナ オリジナル・サウンドトラック」(BSPE-1022〜4、3枚組)がベイシスケイプレコーズより12月22日に発売の予定、全62曲。Amazon等でも予約が開始されている。
Amazon
発売決定の報は、ゲーム情報サイトで相次いで取り上げられている。
GAME Watch / ファミ通.com / 電撃オンライン
10月17日に発売されたシューティングゲーム専門誌「シューティングゲームサイド Vol.1」に、ベイシスケイプの作曲家陣へのインタビューが掲載中。
公式サイト / Amazon
2010.10.19/ TrackBack(0)記事掲載
現在発売中の「電撃ゲームス」Vol.14に、「タクティクスオウガ 運命の輪」楽曲に関する崎元・岩田両氏へのインタビューが掲載中。
コンセプトは「変えすぎない」こととあり、前作のイメージを保ちつつ、そのままでは短すぎる部分については新たに付け加えているとのこと。シドニーでオーケストラ収録があったことや、サウンドモードに関する言及(※今作でのモードの有無には触れられていない)も。
2010.10.17/ TrackBack(0)記事掲載
9月より簡易版が公開されていた「タクティクスオウガ 運命の輪 オリジナル・サウンドトラック」の公式サイト(スクエニミュージックサイト内)が「本サイトオープン」され、3枚分のトラックリスト閲覧や試聴ができるようになった。ゲーム公式で流れているものよりさらに重厚なバージョンの「Overture」がBGMとして聞ける。
トラックリストの中には「Revolt」や「Accretion Disc」など、「伝説のオウガバトル」の曲名も見られる。
2010.10.16/ TrackBack(0)更新情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。